松本大樹

多摩美術大学芸術学科卒業。98年英国ラバンセンターにてディプロマ修得後、Transitions Dance Company入団。99年より香港に渡り、コンテンポラリーのクラスを展開。01年SiWiC主催第5回Profession Choreographie コーチングプロジェクトに選出され、スイスにおいて特訓を受ける。09年度文化庁在外研修員制度のサポートを受け、米国リモン・インスティチュートにてリモンテクニックを学ぶ。
東洋大学、多摩美術大学非常勤講師。日本工学院講師。
 
★クラス内容
フロアーに寝た状態を通した脱力の体感を意識しながら、ねじる、伸ばす等運動に必要な筋肉は使い、必要で無いところはきちんと脱力させることにフォーカスをおいたシークエンスを用いてのエクササイズから入ります。体重を使ったローリング・アップ&ダウン、重力を使ったスウィング・リリースとコントロールを経験する動きをやります。
後半、コンビネーションをやります。5、6週をめどに少しずつ振りを足し、分解しながら運動を研究します。音楽性をふまえて踊れるようそれぞれのスキルに合わせ丁寧にガイドしていきます。